研究室配属を希望する新4年生へ

研究室配属を希望する新4年生のみなさんへ

2020年 2/18日の研究室配属全体ガイダンスで用いた資料はこちら

さて, 研究室配属の季節がやってきましたね. ここでは, 通信工学研究室の研究紹介や研究室生活について紹介していきます.

研究室の選びのポイント

ぜひ研究室見学の際には, 研究内容だけでなく研究室の雰囲気を見てみてください. 配属されたら, ほとんどの時間を研究室で過ごすことになります. 雰囲気が自分に合っているからこそ, 研究室に行く気も起きると私(眞田)は考えています.

(1)興味のある研究テーマなんだけど, 実際に見学に行って見たらなんか雰囲気が合わない研究室

(2)そんなに興味のない研究でも, 研究室の雰囲気や先生ともウマが合いそうな研究室

この2択で迷ったら, (2)を選んだ方が結果的に幸せになると私は考えています. 私も配属のときに, 実際にそうしました. やりたいテーマと研究室の雰囲気が合うなんてことは, なかなかありません. 研究室での生活は, 1年間. 修士に進学すれば3年間. 博士までいけば6年間もあります. このとき, ウマの合わない先生や雰囲気の合わない研究室の先輩と毎日顔を合わせるなんておそらく苦痛でしょう. ですので, 雰囲気も基準にして選んでみてください. 

通信工学研究室に来て欲しい学生

研究室選びのポイントにも書いたように, 雰囲気が合っていると感じてくれた学生にぜひ来て欲しいです. わたしは, 通信分野への興味はそんなに無くてもかまわないと考えています. それよりも元気に, よく学び, よく遊ぶことに共感してくれる学生に来て欲しいです.